プチ起業のススメ⑨ 経験者が語る、MAKUAKE TSUTAYA運営GREEN FUNDING徹底比較

こんにちは。

へべれけです。
ブログ開設して6日が経ったのですが、600PV頂いており、
感謝感謝です。

皆さんの役に立つ情報を経験者だから語れる目線で書いていきたいと思いますので、
引き続きへべれけをお願い致します。

今日は前回、購入型クラウドファンディング界の王者「MAKUAKE」の紹介をしました。
(まだ見てない方はススメ⑧ご参照ください!!)

 

関連記事

こんにちは!へべれけです。前回の記事では「個人事業主のプチ起業」にこそ「購入型クラウドファンディング」がおススメと書きました。 [blogcard url="https://ww[…]

 

前回おススメのクラウドファンディング会社が2つあると言いましたが、

今日はその2つ目あの

TSUTAYAが運営をしている「GREEN FUNDING」を紹介していきたいと思います。

 

経験者が語る、TSUTAYAが運営「GREEN FUNDING」の実態

 

GREEN FUNDINGとは?

GREEN FUNDING(グリーンファンディング)は、CCC(TSUTAYA)グループが運営するクラウドファンディングサイトです。
掲載されるジャンルは、MAKUAKEと大差はないですが、ガジェット系が多いかなという印象です。

GREEN FUNDINGの特徴

1.業界最高水準の成功率86.3%を記録
⇒ここが決定的なMAKUAKEとの違い!!で解説します。

 

2.1プロジェクト辺りの平均支援額約370万円
⇒資金調達平均額は、業界最高
(MAKUAKEは月平均200掲載に対しその半分辺りの掲載数)

 

出品者側からすると、掲載数が多い少ないはどのくらいまでトップページに掲載がのるか??
に大きく関係するので大変重要です!!

 

私がMAKUAKEに出品した際は、最初の3日でトップページからは外れて、
PV数も減少、1週間するとPV数はほぼ底になりました。

 

一方、GreenFundingの場合は、2週間弱PV数に関してはサイト効果がありました。

 

3.会員数7,000万以上の保有するT-POINTでの支援が可能。

⇛Tポイントで3万人から2800万円分の支援が行われているようです。
これからのポテンシャルを考えるとすさまじいものがあります。

 

GREEN FINDING史上最大販売金額はなんと 〇〇億円!!

 

GREEN FUNDING 最大支援

 

1億6千万円!!

 

ココが違う!!MAKUAKEとの違い!!

TUTAYAや蔦屋書店・蔦屋家電の店舗を利用したプロモーションが可能!!

実際に手に取って見れるのはいいね!!

でもMAKUAKEの方が、登録者数は多いんだよね?

ネットでも売れてるんだし、そこまで意味あるのかな??

甘い。甘すぎるわね。

店舗で手に取ってもらえるというのはとても大きい意味があるわ。

 

クラウドファンディングではこんなものが売れる??その条件とは??

クラウドファンディングで成功させるには、

①デザイン<機能

ネットでの掲載の分、デザインが可愛い、スタイリッシュが判りにくい為、

分かりやすく、今までにない機能がある製品が売れています。

②アジア<欧米

「欧米らしさ」の雰囲気で買ってしまう支援者が多いと統計がでています。

③女性<男性

ユーザーが、30代以上の男性が多い為、その層をターゲットにしている製品が売れています。

但し、店頭で手に取って商品を見れるとなるとどうなるでしょうか。
女性向けや若い世代に向けた製品も売れる可能性が大きい。
機能面では無く、デザインにこだわった製品も売れる可能性がある。

つまり製品やターゲット層によっては「GREENFUNDING」の方が良いことがあるんです!!

GREENFUNDING は ALL or NOTHINGの方式だけを採用

 

クラウドファンディングには、二つの方式があります。

 

ALL or NOTHING方式

販売期間内に目標金額を達成しなかった場合、集まった分の支援金を獲得できず、
支援者の申込はキャンセルされ、リターンも発生しない方式。

ALL IN 方式

販売期間内に目標金額を達成しなかった場合でも、集まった分の支援金を獲得することができる方式。

 

へべれけ的おススメはAll or NOTHING方式

クラウドファンディング会社からすると、プロジェクトが成立しないと、お金が入ってこない為、
基本的にALL INでの開始を勧められるのですが、

 

へべれけが考える、個人事業主の「プチ起業」は防御力重視です。

クラウドファンディングという広告効果が抜群な中、製品が売れないとなると、
AMAZONや楽天で販売しても何か工夫(価格を落とす、ターゲットを変える等)必要となります。仕入れる前に、マーケティング分析ができるという事です!

その中で、ALL or NOTHINGの方式はとてもありがたいものです。
(また、ALL INの場合とにかく初速が命です。
最初の3日で軌道にのれば、トップページに乗る回数も増えるのでいいのですが、そうでない場合は伸びが悪いです。

 

一方、

ALL or NOTHING方式の場合、最後の1週間での伸び率が高いように感じました。

 

(GREENFUNDINGの掲載の時、250万を最低ラインにしたこともあり、
達成が1週間前段階ではぎりぎりでしたが、ALL or NOTHINGで達成しなければ製品が買えない為、
リピート購入等して頂き一気に達成になったこともあり非常に有用です。)

GREEN FUNDINGは広告のプロが集結!!


デジタル広告支援を代行手数料を無料で実施してくれる!!


へべれけが唯一専門外で、クラウドファンディング初回時に困ったのが、

「広告」でした。

自分なりに

「FACEBOOK広告」

「インスタグラム広告」

「Google広告」

を運用しており、
最後の方は、効果的に広告を打ち出せていましたが、最初は全然だめでした・・・。

 

ところが、「GREENFUNDING」では、
代行手数料無料で運用してくれるんです!!

 

これあんま注目されていないんですが、広告の運用で劇的に変わります。
AMAZONや楽天の販売でも、文言一つ加えただけで売上が〇〇倍になんて聞きますよね?
広告のプロに代行が無料というのはかなり破格だと思います‼

(使ってないので効果の是非はわかりませんが、
Youtuberによるレビュー動画製作も有償ですが、サービスであったりします。)

GREENFUNDING の良さを一言で表すと?

サポートが手厚い!!(広告、プロモーションまでワンストップで出来る!!)

まとめ

 

MAKUAKE 

⇒登録者数が多く爆発力が凄い。が伸び悩むプロジェクトも多い?

ガジェット系、アウトドア系、ロット数の増加毎に仕入原価が下がる製品に有利!

GREENFUNDING

⇛広告までワンストップででき、掲載数を制限して安定的な集客が見込める。他のサイトには届きにくい層にもプロモーション可能性あり。

デザイン重視のガジェット系、家電製品、雑貨品(蔦屋家電でのプロモーションと集客層)
最低ロット数が多く在庫リスク商品 に有利!

 

 

どちらもおススメなのですが、この記事を参考に自分の製品のターゲット層、価格帯、製品特徴を考えて選んでみましょう!!

それでは。次回は、記事にしていいのかわからないんですが、
クラウドファンディングに実際にでている製品は

どこから仕入れてきて
(メーカーが出しているのは自社の開発品ですが。)、

どの程度利益率があるの??

禁断の「はっきり、クラウドファンディングっていくら儲かるの??」について書いていきたいと思います。

 

関連記事

こんにちは。へべれけです。前回とその前の記事では、おススメのクラウドファンディングはどこなのか?どんなものが売っていて、どの製品が売れやすいの?というのを、比較をしながら書きました。(まだ見てない方はぜひススメ[…]

中国せどり 在庫 
最新情報をチェックしよう!