ラクマートで儲からない人は拡張機能Ali Priceを使って仕入交渉しよう!

こんにちは。
へべれけです。

先日は原価計算の大事さについて解説致しました。

 

副業 × クラウドファンディング×サラリーマンでFIRE

中国輸入代行会社ラクマートやタオ太郎を使っていて利益が出ていない方、広告費で赤字になりそうな方。事前の商品選定の際の原価…

 

原価計算を見直した後は、次は原価低減の為の行動あるのみです!!
一歩ずつ確実にできる事から始めていきましょう!

 

まずはおさらいしてみましょう!

 

中国簡易OEM輸入でラクマートをはじめとする輸入代行会社を使っている人は
原価を分解すると以下の項目に分かれると思います。

 

《原価の種類一覧

①製品代金 →商品によりけり(アリババや1688.com)

②パッケージ代金・検査費用(不良廃棄費用含む

国際運送費

④輸入(ラクマート)代行手数料

関税

⑥国内運送費

⑦Amazon手数料

広告費用 

製品購入代金は必ず交渉しましょう!

 

まずは①番の製品代金を安く済ませる方法ですが、
基本的に皆さんはありエキスプレスやアリババや1688.comから購入されているかと思いますので
その前提で解説していきます!

数個単位の交渉は難しい!

アリエキスプレス等の通販サイトでは値下げは厳しいです。

ある程度ロットを固める事が出来れば、アリババや1688.comで買う方が安いので、
随時チェックしていきましょう!

アリババと1688.comやアリエキスプレスの違いについては
下の記事をぜひ!!

副業 × クラウドファンディング×サラリーマンでFIRE

1688.com,アリババドットコム,アリエクスプレス,タオバオ等中国せどり、中国OEMでよく聞く仕入先。全てアリババグ…

 

Googleの拡張機能で各サイトでの最安価格で発注しよう!

 

Googleの拡張機能にAmandaが提供する「Aliprice」という拡張機能があります。

 

これは、Webブラウザ上で見ている画像からそのまま、
アリババ等で画像検索ができる優れものです!!

 

Google拡張機能の「Aliprice」をインストールしよう!

 

「Google」「アリババ」「拡張機能」と検索するだけです!

 

 

既にへべれけはダウンロードしてしまっているので、文言が違っていますが、
ここをクリックすればインストール完了です!!

 

さっそくアリエキスプレスで使ってみよう!

アリエキスプレスの商品画面上にスクロールを合わせると「🔍Alibaba」と画像上に出てくるので
クリックしてみましょう!!

 

 

調べた情報を基に競合を想像してみましょう!

沢山の工場やロットや価格、運送条件が出てきます。
自分が仮にアリエキスプレスから仕入れる場合、運賃を考えると100個以下はメリットがありそうです。

 

ここで例えば、アマゾン等で月100個以上売れている製品の場合は、
③のMade in Chinaで大ロットで仕入れている場合がありますよね??

そうなると原価的に自分は勝てない為、
その分交渉して値下げする又は他の部分の経費を削っていく必要があります。

 

《AliPriceの検査結果》

①アリエキスプレス 6.67$ 送料無料 ロットは1個から

②アリババ 4.6$+運賃 ロットは1個から

③Made in China 3.65$+運賃 ロットは100個から

 

大ロットの場合はアリババで交渉を!

 

簡易OEMをする場合は基本的にはアリババを使うと思います。

 

アリエキスプレスとの比較でわかる通り小ロット(~数十個)は運賃負けする場合があります。

 

その為

 

簡易OEMにてパッケージを変えたり色を変える事で価格競争に巻き込まれないように
していくのですが、価格情報は交渉の材料に使えます!

 

例えば先ほどのカメラを50個欲しい場合、100個になれば1ドル近くMade in Chinaだと安いですよね?
実際製造面を考えると50個も100個も変わらない気がしませんか??

 

そんな時は

 

50個で3.65$なら買うと中国メーカーに投げかけてみましょう。

 

基本的にネゴ交渉が文化的に普通な国なので、
ある程度満額とは言わずとも価格低減してくれると思います。
(してくれない場合でも、最低ロット増やすならいくら等条件を提示してくると思います。)

 

絶対に価格交渉をする時は、値下げ後の価格と購入数量はこちらで決めてから
交渉しましょう!!⇛業界で言う「指値(ターゲット価格)」を決めてから交渉に臨みましょう!

(根拠のある数字を提示すると話が早いです。)

ラクマートを使う場合は梱包形態を指示して値下げしよう!

 

アリババやアリエキスプレスは特にですが、
1ケース100個入りのものは1個1個、個包装に入っている場合があります。

 

簡易パッケージを変えてラクマートに頼む場合は、

ここの個包装の部分は不要なので、
1ケース100個を大袋1枚でいいので、0.1$/個値下げして等
梱包形態で値下げしてきましょう!

 

ラクマート側からしても、1個1個袋から取り出す必要になると手間になるので、
その辺の包装形態は直接工場に確認しましょう!

まとめ

価格交渉するための基準を「Aliprice」で確認しよう!!
3サイトを比較して価格交渉をして行こう!
簡易OEMの人は、梱包形態の無駄を減らして値引き交渉してみよう!

簡単にまとめるとこんな形です。

正直工場が忙しい時期(クリスマス商戦前や、中国のお正月(2月)前は混みあいます。)は、
値下げ交渉も難しい場合があります。

(個人の発注が増えるので。)

 

なので、1回販売した実績の製品は、暇な時期を聞いて発注したり

同じ製品をだれかほかのメーカーが発注したタイミングで相乗りする等

工場の人との関係性が発展していけば仕入製品価格自体を値下げする方法は増えていくので、
極力直接やり取りしていきましょう!!

 

《中国の工場が1か月近く止まる??ただ、個人輸入には大チャンス!!》

【2021年旧正月日程】
中国・・・2月11日(木)~2月17日(水)
台湾・・・2月10日(水)~2月16日(火)

中国は大体この前後1週間もお休みとなります。
(みんな地元に帰えると中々職場に帰ってこないんです・・・)

これかなり大部分の人がかえって来ない工場もあるので、
どの工場も旧正月を開けると1か月近くは生産数が落ちます。

へべれけのように、OEMを生業にしていると、
従業員の地元の比率も社長にヒアリングした後、工場選定をするくらい重要なファクターです。

OEM業者からすると旧正月前の駆け込み需要と、生産力低下のダブルパンチで最悪な日なのですが、

実は、このタイミング「中国せどり」「中国簡易OEM」を始める人にとっては大きなチャンスなんです!

アリババをはじめOEMに挑戦するとなるとネックになるのが、

「ロット」と「自己資金」ですよね。

所が旧正月は、駆け込み需要で色々な種類を生産しているので、
他のお客さんと同仕様であれば、100-200個くらいでの購入も可能という業者は多いです。

100個くらいなら、輸入費用入れても4-5万円からOEMチャレンジできるので、
この時期は積極的に工場に連絡を取って見る事をお勧めします!

へべれけブログ限定「ラクマート 30日間登録後買い付け手数料無料!」

通常RAKUMARTでは、買付手数料が5%かかるのですが、
へべれけがこの度、ラクマート様の認定講師に選ばれました!

 

特典として登録後30日間手数料無料の権利を貰いました‼


⇛このリンクから申し込みをすると30日間買い付け手数料無料となります。

(30万円OEM仕入をすると、本来1万5,000円手数料発生する所が無料になります!)


《RAKUMART》

https://www.rakumart.com/index.php?mod=user&act=register&spm=MTMw


《RAKUMART OEM》

https://www.rakumart-oem.com/register?spm=MTMw

※上記申込から30日間なのでしっかり、商品リサーチをして商品を選んでから登録するようにしましょう!

 

 

最新情報をチェックしよう!