ラクマートで儲からない人こそ海上輸送に挑戦してみよう!航空便よりお得なの?一番安い送料は?

こんにちは。
へべれけです。

12月の年末商戦と、夏のシーズンに向けての商品開発のやり取りで、
前回の記事から1か月近く空いてしまいました・・・

今開発している製品が金型を新規で作らないといけない製品で、
3Dプリンタでモック作成を2回行い、金型を作って試作品作成とバタバタでした・・・
何とか形になったので、春先くらいからの販売が楽しみです。

 

《へべれけの小話‐商品開発ってどう行われているの?- 製造技術編》

今へべれけが開発している金型を使う製品や特に繊維系製造の技術的部分がどう商品開発に結び付いているかも
いつかは解説していければなと思います。

さわりだけ話すと、

例えば、最近必須のマスクに使われている不織布も製造方法はたくさんあって、
スパンボンド、サーマルボンド、ニードルパンチ、メルトブロー等他にもまだあります。

マスクはスパンボンドとメルトブロー(ウイルスをブロックする層)
で作られた不織布を3層や4層にして製品化されています。

製造方法毎に、商品特性が変わったり、生産量の最低ロットが変わったりします。

新しい商品を作るときは、こういった製造方法を理解していると、
市場に出回っている製品とは違うアイデアが出てきます。

マスクを例にして言えば、スパンボンド層のみで作られたマスクや、ガーゼ製、ウレタン製のマスクは
ウイルスをブロックする機能は基本的はありませんが、市場にはたくさん出回っています。

製造方法とこの事実を知っている人が、

スパンボンド層のみで作られた製品、ガーゼマスク用、ウレタン用に、
スパンボンド製ペーパーフィルターのような製品を開発したりしていますね。

わざわざマスク化までしなくて、生産したメルトブロー層をそのままカットして
売るだけなのに、高単価で販売する事に成功しています。

このように製造方法を知っていることは製品開発にとっては大きな強みになります。

 

前段が長かったのですが、
前回の記事はラクマートに丸投げして購入してしまっている人は、
不良率を下げる事で仕入原価をさげて利益を出していきましょうという記事を書きました。

関連記事

こんにちは。へべれけです。また、コロナの影響が大きくなっていますが、ステイホームで今日も輸入ビジネスについて勉強していきましょう!!まずは前回同様おさらいから!まずはおさらいしてみましょう! […]

 

今日は国際運送費の原価低減についての記事です!

まずはおさらいしてみましょう!

中国簡易OEM輸入でラクマートをはじめとする輸入代行会社を使っている人は
原価を分解すると以下の項目に分かれると思います。

 

《原価の種類一覧》 

①製品代金 →商品によりけり(アリババや1688.com)

関連記事

こんにちは。へべれけです。先日は原価計算の大事さについて解説致しました。 [blogcard url="https://www.puchikigyounosusume.com/2020/11/27/%e3%83%a9[…]

パッケージ代金・検査費用(不良廃棄費用含む)

関連記事

こんにちは。へべれけです。また、コロナの影響が大きくなっていますが、ステイホームで今日も輸入ビジネスについて勉強していきましょう!!まずは前回同様おさらいから!まずはおさらいしてみましょう! […]

③国際運送費 ⇛ 今日はここ!

④輸入(ラクマート)代行手数料

⑤関税

⑥国内運送費

⑦Amazon手数料

⑧広告費用

へべれけブログ限定「ラクマート 30日間登録後買い付け手数料無料!」

通常RAKUMARTでは、買付手数料が5%かかるのですが、
へべれけがこの度、ラクマート様の認定講師に選ばれました!

 

特典として登録後30日間手数料無料の権利を貰いました‼

⇛このリンクから申し込みをすると30日間買い付け手数料無料となります。
(30万円OEM仕入をすると、本来1万5,000円手数料発生する所が無料になります!)

《RAKUMART》
https://www.rakumart.com/index.php?mod=user&act=register&spm=MTMw

《RAKUMART OEM》
https://www.rakumart-oem.com/register?spm=MTMw

※上記申込から30日間なのでしっかり、商品リサーチをして商品を選んでから登録するようにしましょう!

船便と航空便の特徴をよく理解しましょう!

 

ラクマートで輸入するとき納期の差はどのくらい??

 

圧倒的に航空便に軍配!
航空便の場合、中国から日本だと約3-5日
海上便の場合、中国から日本だと20日前後


通関リスクは船便、航空便どちらでもあるのですが、大体開梱検査になると1週間くらいかかります。
(ひっかかった内容にもよるので一概には言えませんが。)

 

通関ってなに?って人はこの記事を読んで見ましょう!

関連記事

こんにちは。へべれけです!今日から少しずつ「貿易」 について初心者向けとしてシリーズで書いていきたいと思います!!へべれけは貿易歴8年程になるのですが、貿易会社に勤めていても今い[…]

 

 

《FCLを使えるようになったら代行業者からは卒業??》

FCLというのはFull Container Loadといってコンテナ1本貸し切りで輸入する輸入形態の事を指します。

中国(上海港)⇛日本(東京港)まで20Fコンテナで輸入した時、ざっくり輸入諸経費込みで25万円くらいで輸入できます。
20フィートは約30㎥なので、1kg当たり約2.5元ほどになります。

 

ここでラクマートの海上便の運送費を見てみると、1kg辺り7.5元/kgとなっています。
さらにここに輸入諸経費がかかります。

約3倍違います!

もちろん、ラクマ―トの価格はFCLを前提にしていない価格だと思うので交渉次第では安くなると思うのと、
代行してもらっていた部分は全て自分でやらないといけないので工数はえらくかかります。

但しそれを差し引いても、FCLを使えるようになったら代行会社の卒業を検討してみるのもありかなと思いますので
ぜひ頭の片隅に置いときましょう!
(初心者が安さで選んで自分でやるのは相当骨が折れるので、始まりは代行会社に。)

 

発送できるもの出来ないものが違う

 

航空便では輸送できないものがあります!
航空便の場合は、
香水、ヘアケアトニック、マニキュア、花火、アルコール飲料、モバイルバッテリー、
電子タバコ、スプレー缶などは輸送できません。

※そもそも輸入できないもの、制限品についてはこちらの記事から!

 

関連記事

こんにちは。へべれけです。中国せどりの記事をしばらく放置していたので今日は 初めての人でも流れを掴めるようになるための「中国せどりフリマ販売の決定版」 という事で記事を書いていきた[…]

運賃を計算する時の単位が違う!

航空便は重量と容積重量いずれか重い方が基準

船便は容積(1m3辺り)

重くて容積が小さいものほど海上輸送が便利になる!

逆に、軽くて小さいものは航空便を選んだ方が、機会損失を考えるとよい!

 

それでは実際比較してみましょう!

 

 

 

今回はAlibabaから適当に引っ張て来たこの「ダンベル」を海上輸送と航空便どちらがお得か計算してみましょう。

海上便の1m3に合わせる場合何個買えばよい??

必ず梱包後のサイズで確認しましょう!
アリババの商品ページをスクロールすると「製品詳細」ページがあるのでそこを参考にしましょう。

記載が無い場合はチャットで問合せしましょう!

今回は記載があり、34.2cm×31.4cm×13.8cm=0.01481954m3 1m3÷0.01481954m3=67.47

なので67個でちょうど1m3という事になります。

67個買った時の運賃を計算してみましょう!

OCS(ラクマート価格)

重量0~0.5kg1kg2kg3kg4kg5kg6kg7kg8kg9kg
送料(元)95110140170200230260290320350
重量10kg11kg12kg13kg14kg15kg16kg17kg18kg19kg
送料(元)380410440470500530560590620650
重量20kg20kg以上
送料(元)68022元/kg

 

FBA直送専用船便 1箱 20KG、三辺合計150cm以内

FBA 物流センター1~5/m³6~10/m³11~15/m³15/m³以上
NRT1(市川FC)

NRT2(八千代FC)

NRT5(川越FC)

HND3(川島FC)

FSZ1(小田原FC)

KIX1(堺FC)

KIX2(大東FC)

NGO2(多治見FC)

1300元/m31200元/m31100元/m3900元/m3
HSG1(鳥栖FC)1700元/m³1600元/m³1500元/m³1300元/m³

 

《製品の重量》

67個×15.5kg=1038.5kg

《航空便海上便比較》

FBA直送専用船便の場合 1300元×17.17円/元=22,321円

OCS便の場合 22元/kg×1039kg×17.17円=392,471円

370,150円も海上便の方が安くなるんです。

 

OCSと海上輸送便はうまく使い分けよう!

 

OCSを選ぶポイント

・季節商品を扱い、とにかく納期が急ぎなとき(20日前後の機会損失額が大きいもの)

⇛1日100個売れるもので考えると、20日だと2,000個の機会損失になるので、夏物、クリスマス、ハロウィン用品は迷わず航空便を選びましょう。

・1m3にするとロット数が大きくなってしまうもの

⇛例のダンベルはある程度サイズがあったので67個で済みましたが、タオル等薄物は特に1m3でもかなりの枚数になるので、
自分で計算して判断しましょう。

まとめ

 

製品によっては圧倒的に海上便が安いので利益出てない人ほど焦らず適切な方法で輸入しましょう!
ラクマートでは、お任ボタンがあるので、一番安い方法を選択してくれると思いがちですが、
全ての担当が貿易に詳しいわけでは無く、備考欄に納期最短希望と書いてあれば、運賃が高くても航空便を選ばれてしまうと思います。
購入前の段階で販売時期から逆算して航空便、海上便どちらも選べるような余裕を持ちましょう。

一刻も早く手元に商品が来て、早く売りたい!という気持ちはとてもわかるのですが、
原価は下げられるだけ下げて初回はスタートしましょう。

最初の原価確定の段階で失敗がきまるケースがほとんどです。
考えてみてください。

競合している製品が、FCLで輸入してきたとしたら1m3は約8500円です。
ラクマートだと、22,321円。

ダンベルだと1個当たり209円当たり原価が違うという事です。
販売価格が高ければ大した差ではないですが、売価が1000円近いものなら
20%違うという事です。

OEMの利益は大体粗利で40%くらいが平均だと思います。
その中の20%というとインパクトは大きいですよね。

なのできちんと原価は計算して絞る所は絞る。

へべれけの原価低減記事はこれで3つめですが、製品によってはかなり原価を下げられる商品もあると思います。

1つずつコツコツ潰していきましょう。

最新情報をチェックしよう!