【断言】2021年Amazonで勝ち抜くには分析ツールセラースプライトだけでは不十分!

新年あけましておめでとうございます。
毎月12月→Amazon初売りがつづけばいいなと思っているへべれけです!

今日は過激なタイトルになっていますが、
この1年本当に多くのAmazon参入者のアドバイスをしてきたのですが、

「自社ブランド」

を販売するという事を分かっていない人が多いです!
売れればいいというのは真理です。

せどりも輸入せどりもOEM販売もメリット・デメリットあれど
大きな違いがあります。

 

転売、せどり、輸入せどり 
→ 商品は他のブランド物を販売、店舗のブランド有無は有り

自社ブランド品(自社製造・OEM製造、輸入販売)
→ 自分のブランド=一からマーケティングする必要有り

せどりは、売上の波形を見たり単純に価格差を見たり、
ツールの稼働具合を見るというある意味数字を元に機械的に
判断していく「作業」ですが、
自社ブランド品はお客さんに「ファン」なってもらう事で飛躍的に
売上が伸びます。
少なくともお客さんに
「買ってもらう理由付けを明確に」する必要があります。
他ブランド品(メーカー品)の販売 
→ 売れるところを探す作業でやる事がシンプルですが、
基本的には「労働型」なので組織化しないと売上は伸びません。

自社ブランド品の販売
→やる事がたくさん。お客さんの「ファン化」ができれば、
「自動で売上」となる。卸売り等の展開も可能で、
一人でも売上の天井が無い。

まずはAmazon販売の全体像を把握しましょう!

《Amazon OEM製造販売のフロー》

①ツールで細分化した市場分析 →セラースプライト

➁仕入先探し(①➁は順不同)→自分

関連記事

Amazon中国輸入OEMで商品リサーチで行き詰っている方。顧客ニーズ?競合??USP???となっている方、実際に中国OEM歴7年のへべれけが、2020年12月にリサーチした内容を大公開します。改めてこんにちはへべれけです。[…]

【初心者必見】現役中国OEM歴7年のへべれけがAmazonリサーチを全部公開してみた。セラースプライトの分析の使い方、商品リサーチの全てを公開。コンサルに入ろうか悩んでいる人向けの記事。コンサルはいなくても商品リサーチは出来る!

③製品の決定 →自分

④製品仕様の確定 →仕入先と打合せ

⑤パッケージの決定 →外注

⑥同梱物施策 →外注

⑦代行会社経由での輸入 →外注(代行会社)

⑧AmazonのFBA倉庫へ納入 →外注(代行会社)

⑨Amazon商品ページ7枚+Aプラスカタログ作成
→外注(クラウドソーシング)

⑩集客(SNS運用・広告の運用・各種メディア)
→自分・外注

※③~⑩はこれから記事を書いて行きます。

細かい登録等についてはこのブログでは解説しないので、
あくまで「売上」をつくる事にフォーカスしています。
やる事は多いですが今はツールやクラウドソーシングでプロに低価格で
外注ができるので1人でもやりきれます。

セラースプライトはOEMの入り口

よくセラースプライトの精度が悪いや高いと話している人を見ますが、
木をみて森を見ずな発言かと思います。

関連記事

こんにちは!へべれけです。10か月の更新・・・ということで時期がかなり空いてしまいました!2021年2月依頼の更新です!実はこの10か月の間あれだけ副業命!と言っていたのに会社を辞める事にしました!《[…]

▲セラースプライトの精度が悪いという評判が気になる方はこちらの記事をぜひ!

 

セラースプライトはOEMの入り口でこれが無いと、
自分の本業のスキルや経験をよっぽど活かせるジャンルでないと、
厳しいのでとりあえず登録してしまいましょう!

 

関連記事

セラースプライト(seller sprite)を導入するかどうか迷っている人に向けた記事です。月額料金は?実際の使用感について知りたい。どういう風にAmazonOEMで運用しているのか知りたいという人向けの記事です。セラースプラ[…]

ちなみにOEMは最低でも1商品50万円位資金が無いと厳しいです
(広告や売れた後のキャッシュフローを考えると100万円位あるほうが望ましいです。)

この資金が無い方は単純な中国輸入で低リスクな形態で始めていきましょう!
その際でも入り口のセラースプライトは必須なので必要な経費として考えてしまいましょう!
(1か月7000円程で中国輸入せどり、OEM合っていない!
と思った方はすぐ1か月単位ですぐ解約できるので取り合えず触ってみましょう!

関連記事

セラースプライト(seller sprite)を導入するかどうか迷っている人に向けた記事です。月額料金は?実際の使用感について知りたい。どういう風にAmazonOEMで運用しているのか知りたいという人向けの記事です。セラースプラ[…]

▲最安クーポンコード(スタンダード会員 月98$)
※アドバンス会員、VIP会員は全くいらないので一番安いスタンダードにしましょう!
(へべれけの講師割引コード:QY1902を入力すると永久に月額30%OFF)
※一度解約してもまた使えば30%OFFになるようです!

市場参入前に失敗の8割は決定します

市場参入前に成功の8割がわかるか?と言われると
最近のAmazonでは難しいです。

理由は簡単で

外部要因があまりに大きいことが挙げられます

①モンスタークレーマーにあたって悪レビューが溜まり
売上が伸びない

➁中国セラーの嫌がらせを受ける可能性もある

③SNSをはじめとする外部集客との組み合わせが王道だから

リスクを上げ始めたらOEMに限らずあるので、①➁は最大限対策を
すればいいと思います。
③これもOEMだけの話ではありませんが、
自社ブランドは特に「集客」が大事です。

その中で

SNS×AmazonOEMの施策では、

「効率よくレビューを集めたり」

「安い費用で集客したり」

「売上の波を意図的に作ってランキングをとったり」

「集客力」が成功には影響します!
逆に集客力さえあれば入る市場や製品は二の次になります。

逆に失敗は明確です。

《初心者が失敗する4つの理由》

①利益率が低すぎる
(広告費を除いて5割-7割は利益を残す)

➁不良率が高い
(発生要因で3-5%以下、代行会社検品で0を目指す)

③激戦区の市場を選んでいる
(広告単価が30円前後で収まるとベスト)

④キャッシュフローの計画性が0
(原価計算と入出金は厳格に管理)

4つの内の1つはセラースプライトをベースに考えれば
回避できます!
逆にこれらのどれか1つでもミスると8割失敗します。

まとめ

 

セラースプライトは必須ツールだが、
使ったから成功するツールではない。
・市場選定
・商品設計
・原価管理
・品質管理
・ブランディング
・Amazon攻略

これらを網羅的に考えていく必要があります!

次回は、この2年の経験を元に初心者こそ手をだすべき市場についての記事を書きたいと思います!
ぜひお楽しみに!

最新情報をチェックしよう!