Amazon中国輸入初心者の8割が陥る赤字の罠とは?その2 広告費編

こんにちは!今日は前回の続きの記事です!
まだ見ていない方はこちらから↓

関連記事

こんばんはへべれけです!今日も一歩一歩勉強していきましょう! 初心者の8割が嵌る赤字の罠とは?ズバリ結論は2つ① 低品質品による不良の発生➁ 膨大な広告費用(原価計算ミス)Amazonでは価格と[…]

初心者セラーとなんちゃって経験者セラーが教えてくれない要素に「広告費」があります!
膨大な広告費用(原価計算ミス)を試算を間違えると参入前に100%失敗するので注意してください!

原価の種類からまずはおさらい!

 

《原価の種類一覧》

①製品代金 →商品によりけり(アリババや1688.com)

②パッケージ代金・検査費用(不良廃棄費用含む) →数円~数十円レベル/個(ラクマートHP参照)

③国際運送費 →kgやcm換算(ラクマートHP参照)

④輸入(ラクマート)代行手数料 →仕入額に対して5%+為替レート約3%(ラクマートHP参照)

⑤関税 → 製品カテゴリによる(ざくっと6-13%くらい)(輸入統計品目標を参照)

⑥国内運送費 →FBA手数料や、ヤマト運輸、日本郵便等(各運送会社のHPを参照)

⑦Amazon手数料 →約13%(カテゴリによる)

⑧広告費用 → ここが不透明(売上額の20%程度を上限に設定)

原価については↑の記事もご参考に!

 

広告費用ってなに?

① モール広告・・・Amazon、楽天市場、ヤフーショッピング等モールの内部に出す広告

➁ SNS広告・・・FB、Instagram、Tiktok、LINE、Twitterといった広告

他にもDSP、SSP、アフィリエイト等広告の種類は多くありますがまずは上の2つを抑えましょう!

 

①Amazonのモール広告ってなに?

Amazonで検索した時に「一番上にブランド商品が並んでいたり」、「スポンサー」と書いている部分を見かけたことはありませんか?

これは、出品者が広告出稿をして有料でお金を払って出しています。

※Amazon内の広告の種類については調べればでてくるのであえて説明しません!

広告の単価ってどう決まるの?

Amazonでの広告の注目ポイント!

① 広告の画面を1回クリックされた「単価」
※例 1クリック100円

➁ 広告は入札制で高い単価で広告を出す人が多ければ多いほど高くなります。

①クリックされた「単価」制だと何を考える必要がある?

販売金額が低い「低単価商品」を扱っている人は注意です!
例えば、クリック単価50円の場合、
1,000円の販売単価の場合は5%
10,000円の販売単価の場合は0.5%
となります。同じ額を消費しても掛かる原価の割合が変わります。
クリックの単価で広告費用は掛かっていくので低単価商品を取り扱っている人は、
原価に占める広告比率が高くなる傾向にあるので注意です!

➁ 広告は入札制という事を意識する!

入札制=競合が多いと広告費は高い傾向にあります!
初心者ほど初期費用を掛けたくないと「~2500円くらいの販売単価」で、
食品衛生や法規制以外のカテゴリに進出して広告費の設定もせず高い価格で垂れ流して、
消耗戦になっているカテゴリをよく見ますので市場については明確に見ていきましょう!
Amazon内の広告費は「セラースプライトのPPC広告単価」をみてば把握できます!
例えば、「靴」というキーワードに対してのPPC単価は51円ですが「メンズ 靴」となると37円になります。

たかだか14円の差でしょ?
と思うかもしれませんが、

広告を見た人の内何人が買ってくれるのか?
考えてみましょう。

100人中10人買ってくれればかなり良い数値と言えます
(Amazonは高い傾向があるので20%とかもざらにありますが)
この時広告費用について考えてみます。
100回クリックの内10人が買ってくれるということなので、
「靴」・・・5100円(51円×100人)÷10人=510円/個
「靴 メンズ」・・・3700円÷10人=370円/個
140円も変わってきます。仮に1,000円の販売金額だと14%もの粗利の差となります。

市場を細分化する事で競合が減り低いPPC単価で広告を打てるので、
赤字になりにくいOEM販売が出来るようになります!
セラースプライトはただ販売数量を予測するツールではなく、
自分が参入する市場を決める為に、細分化した市場についてのデータを収集するツールです。
多くの人は使い方を間違えて、間違えた結果になっていますが、
Amazonに参入する人にとっては基本ツールですので、
まずはセラースプライトでどんな市場があるのか見てみましょう!
関連記事

セラースプライト(seller sprite)を導入するかどうか迷っている人に向けた記事です。月額料金は?実際の使用感について知りたい。どういう風にAmazonOEMで運用しているのか知りたいという人向けの記事です。セラースプラ[…]

セラースプライトの最安コードは↑から取得できるのでぜひ!

初心者こそニッチ市場を攻めるべき理由

広告費は100人みて1人しか買ってくれない場合もあります。
そうなると単価が30円でも1個辺り3000円の広告費用となります。
その為、「競合が少ない市場」の方が初心者の方は成功しやすいです!
(月商50万円の経常3割狙うイメージです。)
関連記事

《今日の記事のポイント》中国OEMで中々商品リサーチが進まないという方。販売してみたものの売れ行きがよくなく在庫処分するか迷っている方。これから中国OEMに挑戦してみようかなと考えている方。[…]

詳しくはこちらの記事で解説していますのでどうぞ!

まとめ

・広告費用についてもセラスプのPPC広告費用を参考にして逆算して原価計算する!

・資金が無いから安易に「低単価商品」に手は出さず、細分化した市場のブランド集中度を参考に
参入市場・商品を決めると失敗しにくい!

セラースプライトは逆引きキーワード検索で競合商品がどんなキーワードで買われているのか?を調べて
そのキーワード毎の広告単価を調べる事ができます!
競合がどんなキーワードでSEOを狙っているかもわかるのでセラースプライトで商品の売上が気になるかもしれませんが、
キーワードに注目してみてください!

広告を制すものは集客を制します!
集客ができれば商品の品質さえしっかりしていれば売れ続けますので
粘り強く頑張りましょう!

最新情報をチェックしよう!